44歳の転職活動〜5つの流れ〜

 44歳は40代前半最後の年です。転職において○○代というのは前半と後半において転職活動のやり方というのは変わってきます。ボヤボヤしているとすぐ40代後半になってしまうので迅速に行動したいですが、焦りで行動してもいい結果は出ません。ではどのように転職活動をしていくべきでしょうか。

 

 

転職活動の計画を立てる

 まずは転職活動の計画を立てるのですが、ここで考えるべき方向としては計画を詰めて40代前半で転職できるようにするか、後半になるのを覚悟して長期戦を視野に入れるかのどちらかです。どちらも上手くいく保証はないのですが、自分の生活と能力と合わせて考えましょう。

 

【参考記事】

 

 

求人情報の収集

 40代前半なら40代後半や50代に比べるとまだまだ求人があります。ただ、44歳となるとすぐ40代後半になるので、企業によっては後半として見ているところがある場合もあるので、年齢はともかく他の情報からも40代の人間はどの程度のを求めているのか判断してみましょう。

 

【参考記事】

 

 

応募書類を書く

 40代となると管理をする地位を任せられる立場となるので、職務経歴書もそうした他人に言われてやった仕事より、自分から動いたり、チームをまとめた仕事の方がアピールとしては効果があります。複数ある場合にはその中からどれが一番アピールできるかを考えて選びましょう。

 

【参考記事】

 

 

面接アピールポイント

 先ほども書いたように管理する地位を任せられる立場であるので、自分がどれだけ自主的に行動することができ、どのようなことができるのかをアピールするのが大事となります。そういう意味では質問の答えも単純に答えるのではなくプラスアルファした答えができるように心がけましょう。

 

【参考記事】

 

 

退職手続きと入社準備

 転職先が決まれば退職ですが、もちろんそれなりの地位にいるのなら退職準備も企業に支障が出ないようにしていかなければいけません。44となれば40代前半の中でも企業に貢献した年でもあるので、最後で台無しにならないように行動しましょう。

 

【参考記事】



トップページ 44歳の転職5つの流れ おすすめ転職サイト