採用担当は職務経歴書のここを見ている?!

「手書き」で作成してもいいんですか?!

 

 職務経歴書は手書きで作成するものだ・・・と勘違いしている人がいますが、44歳の転職希望者ならパソコンでの作成がいいでしょう。

 

 それから40代なら職務経歴書は2枚くらいがベスト、多くても3枚以内です。とにかく詳しく書けばいいのだ・・・と情報を盛るより読み易さが優先です。

 

いきなり書き始めるのは不可

 

 職務経歴書は準備もなしにいきなり書き始めてもきちんとした書類になりません。

 

 「職務要約」「職務詳細」「自己PR」「キャリア・スキル」(応募先の募集と関連があるもののみ)といったことや、何か人材としてのマイナス評価につながりかねない事実があるならば「特記事項」を最後に設けて、あらかじめ書き込んでおくようにします。

 

採用担当が知りたいと思っていることを把握しよう

 

 職務経歴書は自由に書いてもよいというので、レイアウトも職歴要約も考えず、だらだらと書き連ねるのは訴求力ゼロの書類になってしまいます。

 

 採用担当が知りたいと思うことについてきちんと盛り込んである書類にしないと面接に呼ばれません。

 

 

【関連記事】



トップページ 44歳の転職5つの流れ おすすめ転職サイト