40代で未経験の業界に転職できる?

40代から未経験の業界は難しい

 

 景気が回復傾向にあり、ようやく市場の再掘り起しや新規事業の立ち上げに着手する企業が増えてきました。それに伴い、40代以降のミドル世代の求人数もアップしていますが、若者と違って人件費が高くなる分、採用する企業も慎重に選考しますから、即戦力として成果を上げられるかどうか、個人としてでなく管理職としてチームを引っ張っていけるかどうかなど、採否のためのチェックポイントは多くなりがちです。

 

 そう考えると、44歳でキャリアアップやレベルアップにつながる転職を実現するためには、応募企業が納得する能力を持っていることが前提となります。つまり、40代でキャリアチェンジを目指したり、未経験の業界に転職しようとするのは、かなり難易度が高いと言えます。

 

 実際に転職活動を始める前に、まずしっかりキャリアの棚卸しと自己分析をして、自分の強みや得意分野を把握したうえで、これまでの業界以外で通用するスキルがあるかどうかを、見極めることから始めましょう。

 

 また、ミドル世代の求人が増えているといっても、年齢が上がれば上がるほど、難しくなるのが現実です。いまの自分の職種やキャリアに、転職市場価値がどれくらいあるのかも、きちんと調べておくべきです。厳しい現実を見据えたうえで、転職活動を始めてください。

 

違う業界でも、活かせる経験はある

 

 とはいえ、自分がこれまでいた業界と違っても、職種が同じであれば、活かせる経験があるはずです。たとえば営業職であれば、商品やサービスが変わっても活かせるノウハウが多いし、プログラマやシステムエンジニアも工程管理などになれば、システムの内容が異なっても、作業に大きな違いはないかもしれません。

 

 何かを一から覚えなければならないということは、プレイングマネジャーとして即現場で手腕を発揮できないことになります。ですが、マネジメント経験があれば、業務効率をアップするための施策や、メンバーの長所を生かした業務推進など、ほかの部分で役立てることがたくさんあります。

 

 必要なのは、企業のニーズのどの部分に応えられて、どの部分は努力をしなければならないかを理解したうえで、職務内容以外のニーズを満たせる能力をアピールすることです。前向きに、転職活動に取り組んでください。



トップページ 44歳の転職5つの流れ おすすめ転職サイト