「転職したけど失敗だったかも・・・」そんな風に感じていませんか?!

 40代で転職して働き始めて、3か月もたたないうちに、“この会社、もしかして自分にまったく向いていない!入社前に想像していたのとはまったく違う!辞めたい!”という人もいるかもしれません。

 

 しかし・・・中高年がそうそう短期間に転職を繰り返すのはリスクとダメージしかありません。転職したいと考える理由、会社の態度が我慢できない理由が、基本的な労働条件(給与額、労働時間、勤務エリアなど)にある場合は、会社と話し合いを。

 

自分は何がやりたくて転職したのか?!を思い出そう

 

 基本的な労働条件が面接の際の話とまったく違うというケースであれば、会社と話し合いをすることで解決することもあります。真正ブラック企業ならともかく、他に同年代が大勢働いている会社であれば、そんなおかしな点は少ないはずです。

 

 他の同年代の同僚の本音を探ってみる必要もあるでしょう。入社してから半年は会社の様子を探る時期です。少々不満があっても頑張ってやりすごしたほうが得です。

 

「自己分析」が必要なこともあります

 

 それでもどうしても転職が失敗だった、辞めたいということなら、@今の会社に対する不満点、Aそれを解決する方法についてしっかり自己分析をしてみる、日々の仕事の内容を詳細にメモにでもとってみることをお薦めします。

 

 たんに“手取りが思ったよりずっと低い!”という不満なら、またよその会社に移ったから年収アップするという保証はどこにもありません。副業するとか土日もバイトするとか(バイトが禁止されていない会社限定ですが)、そういう選択肢のほうが現実的な解決法であることもあります。

 

 

【関連記事】



トップページ 44歳の転職5つの流れ おすすめ転職サイト