転職する人の入社手続きに関する注意点について

内定通知がきたら・・・?!

 

 長く苦しい転職活動が報われて内定の通知がきた・・・これからが転職活動の本番かもしれません。第一志望の会社であればそのまま内定を受諾してもよいのですが、まだ他に受けている会社がある場合は内定を出した会社に対して保留のお願いをして2〜3日待ってもらうことにします。

 

 理由を述べる際は「家族とよくよく相談して入社したいから・・・」と言うべきで、「他に受けている会社があるから」と言うのは無礼になります。

 

転職エージェントから紹介された会社なら内定後の交渉も楽々!

 

 転職エージェントから面接を受けに行った会社であれば、内定後の未定の給与の交渉なども転職エージェントが代行してくれますので、非常に楽です。

 

 過去に何人も先輩たちが同じ会社に転職しているので、担当キャリアコンサルタントは会社の事情をよく知っています。

 

転職先に提出をする書類について

 

 「年金手帳」「健康保険証」「雇用保険被保険者証」「源泉徴収票」といった書類を転職先の企業に提出します。その他にも社員証に貼る写真や身元引受人に関する書類を提出する必要がある場合もあります。

 

 

【関連記事】



トップページ 44歳の転職5つの流れ おすすめ転職サイト